雑記と社会人

火ノ丸相撲は漫画史に残る作品。漫画を通じて感じた、思ったことを書きます。

火ノ丸相撲 238番 鬼丸国綱と三日月宗近、進化


f:id:yo-ichi41:20190422065903j:image

©️火ノ丸相撲/川田/集英社

あっ、かっこいい。(確信)

 

--------------------------------------------------------------------------------------

---------------------------

こんにちは、遂に鬼丸-三日月の9-2同士の一番が

始まりましたね。思えば火ノ丸相撲8番(2巻参照)で

初めて激突してから、二度目はIH予選で。

三度目は幕内の、しかも上位で…。感慨深いです。

さて、先週は覇乱万丈の相を発動した鬼丸に対して、

三日月は…?感想行ってみましょう!

 


f:id:yo-ichi41:20190422062623j:image

©️火ノ丸相撲/川田/集英社

先週は三日月が、「君の前ではかっこよくありたい」と言っていて、今週は鬼丸が「沙田の前では強いワシでありたい…」あんたら、両思いのカップル…いや、最高のライバル同士だよ、互いに、「こいつのまえでは強い自分でありたい…!」そういう思いが、それぞれの相撲を、『進化』させる…!

 


f:id:yo-ichi41:20190422063647j:image

©️火ノ丸相撲/川田/集英社

 

清…鬼炎万丈、濁…無道…。それら含めての、今の鬼丸は、覇乱万丈に至った。そう、全て無駄などではなかった、だからこそ、今の鬼丸は自分自身で、「今のワシは強いぞ!!」と言える。

まさに、自信をもって相撲をとれている状態。

 

その鬼丸に対し…


f:id:yo-ichi41:20190422064041j:image

 

いや、この返しは反則だよ川田先生…!

かつては鬼丸が三日月に対し、「何を笑ってやがる」と言った、今は三日月が鬼丸に対し「何を…笑っていやがる!」だもの、ずるいよ…

 

でも、前回と違うのは…鬼丸、三日月、お互い笑っていること。余裕があるよ。うん、嬉しいなぁ…。

 

その証拠に、技の応酬が繰り広げられ、鬼丸が百鬼

薙ぎを仕掛け、三日月は…!

 


f:id:yo-ichi41:20190422064435j:image

©️火ノ丸相撲/川田/集英社

 

鬼丸が幕内に帰ってくるのを、待っていたのは、最高の状態の鬼丸との取り組みを待っていたのは…草薙だけじゃなかった…!

しかも、鬼丸の百千夜叉堕と同じ合わせ技が決ま…



f:id:yo-ichi41:20190422064933j:image
©️火ノ丸相撲/川田/集英社

マジか鬼丸!読んでいて三日月と同じこと呟いちゃったよ!花天月地が炸裂するコマが来ると思ってページめくったらこれだよ、もう…!力士は…

 


f:id:yo-ichi41:20190422065315j:image

©️火ノ丸相撲/川田/集英社

 

刹那を生きるものだから、土俵の上、取り組みのなかでも進化しちゃうんだねぇっ…!(泣きそう)

 

感想

熱すぎる!以上!で終わらせませんよ(笑)

にしても技名がかっこよすぎる!『花天月地』…!

うん、川田先生は日本語への感性がとても高いと思う。徒然草とか、百人一首などの、古典的名著を読み込んだのかな…?

 

そして、だ。川田先生は、話の筋が、軸が、一本どっしりと構えているから、過去のセルフオマージュができる。(力士とは…刹那を生きるもの!や、何を笑っていやがる!や、根なし草など)本当にすごい。

 

で、最後に予想はしていたけれど…。


f:id:yo-ichi41:20190422065742j:image

 

 

オオオオおおんんんんんん!!!!(涙が蒸発する音)

 

火ノ丸相撲 236番 横綱との距離 感想

いやぁ、2ページ目から驚いた…!まさか、刃皇-三日月を11日目に持ってくるとは…!!

f:id:yo-ichi41:20190408065412j:image

©️火ノ丸相撲/川田/集英社

 

いつかは見ると思った取り組みだけれど、

今週遂に…!しかしっっっ

 


f:id:yo-ichi41:20190408072613j:image

©️火ノ丸相撲/川田/集英社

やはりそこは刃皇…。磐石の強さ。うっちゃりなんて中々出ない決まり手なのに、さらっとやってのける刃皇…。さながら白鵬関のようだ。まだ三日月は勝てないか…。三日月が刃皇に土を着ける予想はしていたけれど、

まだ遠い…。

 


f:id:yo-ichi41:20190408071715j:image

©️火ノ丸相撲/川田/集英社

呼ばれてないのにじゃじゃじゃじゃーん()

汎用性の高い画像。

 

 

呼ばれてないのにインタビュールームに来た刃皇が、何故国宝世代が刃皇に勝てなかったか、を、刃皇自身が「歴史、経験、格の差」とコメント。

 


f:id:yo-ichi41:20190408073205j:image

©️火ノ丸相撲/川田/集英社

 

歴史、経験、格…か。本当、本物ってのは凄いな…

何年も最高位を張り続けて、それでいて衰えない…。

強すぎる、故に強者を求めた、けれど期待はずれ。

だから引退するんだと。どこか漂う青峰の香り。

※青峰は黒子のバスケに登場する人物。

強くなりすぎてバスケがつまらなくなった。

曰く、「俺に勝てるのは俺だけだ。」

 

ただ、青峰と大きく違うのは、やはり、

「歴史、経験、格」の差。結婚もしていて、

無道も経験?して、44回も優勝して…。経験の差ってのは恐ろしい…

 


f:id:yo-ichi41:20190408073034j:image

©️火ノ丸相撲/川田/集英社

 

恐ろしいと言えば、この火ノ丸も恐ろしい。化物だよ

十分ね…。

 

メタなこと…作中のこれからの展開をを言うならば、恐らく三日月は鬼丸に破れると思う。けれど…。

三日月なら、…。

 

そうそう、国宝世代が勝てなかった理由に、「経験」

があったことは見逃せない。国宝世代より、長く

幕内上位で、しかも関脇であった冴ノ山が刃皇に勝てたのは、まさに「経験」が国宝世代より長いからとも

言える。流石川田先生。冴ノ山が刃皇に勝てたのは、偶然なんかじゃなかったことを立証。嬉しい笑

 

火ノ丸相撲 214番 鬼丸国綱と金鎧山隼人② 感想

台詞への感想
「何となくだがお前…金鎧山の事、あんま好きじゃねぇだろ」
:千比路が火ノ丸の自覚していない、無意識を指摘するときの強者としての勘はすごい。千比路はトレーナーとしても活躍しそう。


「押し込まれた状況での引きは、土俵外へと走るに等しいぞ馬鹿め…」
「見透かされちまったねぇ…金関が…大関に、今の地位に満足していることを…」
:満足は現状維持。現状維持は風化に繋がる。
常に満足せず向上しないと、現状維持すらできない。金関、気付いてほしい。無意識の中にある、満足してしまっている自分について…。

真面目な感想
大典太【万雷】!vs冴ノ山【水の如し】!
この二人の一番は、稽古場での描写あれど、本場所の描写は初めてだったなぁ…
・「家族の為に」「愛するものの為にー」
金鎧山の「引き癖」からあふるる、あっ、この人のモデルぜってぇ鶴竜だ!感!
・金関に対して、冷たく突き放すように諭す刃皇の大横綱感。本当、この横綱は…。

火ノ丸相撲 213番 鬼丸国綱と金鎧山隼人 感想

台詞への感想
「ようやく心に平静を取り戻した、昨日は色々なことが重なって…」
:昨日の出来事一覧。
1 レイナと朝帰り(未遂)
2 大太刀高校相撲部再結成
3 友情パワァアア!!!!!
「少し昂り過ぎていたな…うん…ちょっとおかしかった…一夜開けて地に足が着いた」
:なお、数話後に「愛戦士」になる模様。

「相撲部屋なんて大家族みたいなもんでしょ」
「一人二人増えた所で問題ないわよ、赤ちゃん用に奥の部屋空けとくわね。」
:柴木山部屋の女将さん、まじたくましい。流石力士のお嫁さんや。

「相撲で得たものを…周りに返してるんじゃな…」
:そう、得たものは感謝を込めて、誰かに還元するのは立派であり、この世の摂理にあっていると思う。保持し続けるよりも、与え、還そう。命は、そうして続いていくんだ…。

「結婚するってのは、責任を負うってことだ。妻を…子供たちを、私は幸せにするんだ。」
:既婚者、かつ、子持ちの川田先生の、金関を通じた読者へのメッセージとして受け取ろう。
責任を負う…気軽に結婚するのはよろしくないとも言えるかも?何れにしても、誰かではない、特定の人を幸せにしようと決意する、その決意、揺るがぬ覚悟が、人を強くするのだろう。

一言感想
・千比路の子ども、おこめちゃんににミルクあげる礼奈まじ聖母。


f:id:yo-ichi41:20190406025213j:image

©️火ノ丸相撲/川田/集英社


(初登場時は凶暴だったのに…恋…や、愛は偉大)
・火ノ丸、子育て編とかあればいいのに…。
(火ノ丸相撲Saga、待ってます⭐️)

真面目な感想
大関金鎧山関との一番こと、「家族愛」編、始まります。
大関に対するリスペクトも忘れない火ノロノロ丸の台詞と、川田先生の構成に感動。そうなんだよ、大関は化物の中の化物。幕内上位で連続して10勝以上勝ち続けないといけない。本当の強さがないとなれないのが「大関」。
現実の大相撲において、かつては大関が最高位だったときもあったとかなんとか。

火ノ丸相撲 212番 迫る新時代 感想

台詞への感想
「自信もってこられてるね、相撲に迷いがない」
:自信があって、迷いがない奴が一番強い。そう思う。
横綱の顔を張ってんじゃねぇ~!!」
:こ、小者くせぇっっっ!(笑)
「君の兄は強かったよ、だが、時代を掴めなかった」「横綱になるということは、そう言うことだ」

 


:小者くささから一転、急に大横綱になるんだから困る。そう、時代を掴めるかどうか、なんだよ。
「…悔しいが、この圧倒的な強さだけでも、尊敬に値するぜ…」
:自信があって迷いがない奴を、強さでねじ伏せる。横綱とは、刃皇とは、そういう男だ。
「…怪我はないですか?お嬢さん」キリッ
:金関かっけぇっっ!!名塚さん惚れても仕方ないですぜ!(なお金関既婚者かつ、奥さんにでれでれ)

真面目な感想
もしかしたら、横綱に一番近いのは…いや、一番ではないか。でも、確かに近いのは、大典太なんだろうな、という描写。もう大典太が主人公でいいんじゃないのかな?と思うほど。スピンオフでも外伝でもいいから書いてほしい。大典太に限らず、全ての力士のストーリーを読みたい。そう思うほど、皆魅力的なんだよ…。

火ノ丸相撲 211番 力士の生き様 感想

台詞への感想
「潮君が…帰ってきた…?」
「いや…違う…!」「僕が会いたかった潮君は…」
:草介、実に勝手ですな。あなたにとっての潮君は、いつまでも、あのIH決勝の潮君のままではないのに。自分は大和国の相撲、いや、大和国になる…高校から一貫しているその姿勢は素晴らしいが、それを潮君にまで強要するのは、違うよ…。

「本当にもう、何も方法は残ってないのか…?」
「中学で体格の壁にぶつかって、それでも諦めずに工夫して結果を出す君を…」
「僕は…尊敬してたんだ…なのに…」「ライバルになるんじゃなかったのかよ…」
:草介…寂しかったんだな…ライバルが、辞めていってしまうのが…にしてもだ、狩谷としても、草介から「ライバル」と認められて、嬉しかったろうに…
⬆️
4巻にて、「俺を、ライバルと認めざるを得ないだろうよ…」と言っていたからさ…。

「…どうしてこの現実ってやつは、僕らを夢から醒まそうとするんだろうなぁ…」
「君も現実に、抗いきれなくなったのか…?」
「死んでも捨てないんじゃなかったのか…君が俊の…小兵の技を使うのは、今までの気味の生き方を否定するんじゃないのか…!?」
「結局その道に行き着くなら…あの戦いも、
ただの回り道だったって言うのか…!?」
「君はもう、横綱を目指してはいないのか!?」
「僕は…君の生き方に触れたから僕は…」
:草介にとっての横綱とは、大和国。だから、大和国のような相撲を、小兵である火ノ丸がすることを見て、草介は、「僕と同じ、横綱大和国を目指すものなんだ!」と思ったのかもしれない。
しかし、だ。火ノ丸は、大和国のような横綱になる、だなんて、一言も言ってはいないのだ。
それに、横綱とは1つではない。それは草介もわかっているはずなのに…。譲れぬ信念、故の否定なのだろう。


真面目な感想
力士、草薙の生き様と、力士、狩谷俊の生き様、
そして、力士大包平の生き様。それぞれ譲れぬ信念がぶつかり合う、火ノ円相撲という作品は最高である。また、一度負けたからといって、全てを否定されるわけではないし、否定するのはもったいない。負けてから、どう生きるか…だからね。


f:id:yo-ichi41:20190406025045j:image

©️火ノ丸相撲/川田/集英社

にしてもからあげさんこと加納さん…もとい、大包平が闇落ちするとはなぁ…。

 

211話のまとめ。
草介ェ…➡️草介…涙➡️加納さん…!?➡️弟ぉ~!

火ノ丸相撲 210番 最っ高! 感想

台詞への感想
三日月「俺は今、どんな顔をしている…?」
「物足りないなんてことあるかよ!石高相撲部で過ごした三年は、最高に楽しかったぜ!」
「幕内上位は…最っ高に楽しいんだ…!!」
最っ高にと言うところが、先程の台詞との対比になっていてよい!!!にしても川田先生は侍姿の力士同士の切り合いの絵がかっこいいなぁ。


f:id:yo-ichi41:20190406024943j:image

©️火ノ丸相撲/川田/集英社


「潮くん…僕は今の君を 認めない…!」
「見てろ…僕は 君とは違う…!」
草介、前見てくれ、加納さんがいるで。
…今の草介の態度は、相手に対して、実に無礼で失礼なことに、草介自身気付いていない模様。
⬆️144番にて、草介はダニエルに対し
「本当はもっと、回りなど気にならないほど土俵に集中しないといけないんです」
「だってそれは相手にも相撲にも失礼なことですから…」
と言っていたのに…草介…。

真面目な感想
・幕内でもトップクラスを誇る、大和号のぶちかまし、その勢いを殺し受け止める御手杵。強い。
・三日月の風清月白の相、かっこよすぎぃぃぃ
童子切vs三日月!高校時代は一方的に破れ、「勝てる気がしない…」と思ってしまった三日月。しかし、だ。大相撲の舞台において、童子切とやり合い、胴体取り直しの末に破れるも、童子切に健闘を称えられるほど強くなった三日月最高や!!!
・草介の闇が深すぎる。三日月に破れたのに、考えているのは火ノ丸の相撲に対する苛立ち。草介…。