仮想通貨と雑記と大学生

仮想通貨に参入した就活前の大学生です。1日24時間最大限利用が信条です!

19卒の就活生が思う、20卒、もっと先の子達に伝えること

伝えたいことはひとつ。

就活とは、自分の考え=武器を持ち、

伝えることができるようになるまでの訓練である。

 

訓練なんてしたくない?

 

しなくてもいいけど、死ぬよ。

 

なんでかって?インターネットで世界と繋がったからだよ。

 

僕たちは、日本国の義務教育を受けて育った。

お掛けで意見を形にしなくてもいい人生を送れてきた。

 

でもインターネットが現れた。社会が世界と繋がった。世界規模で変化の早い時代になった。

 

20年前はインターネットWindows95によって、

日本国民の一般層にも広がった。

 

10年前、スマートフォンが生まれた。


f:id:yo-ichi41:20180728211816j:image

みんな大好きリンゴ。

 

スマートフォン、正確に言えばiPhoneが、

SNSのビックバンを加速させた。

LINE、WeChat、UberTwitterInstagram

TikTokツイキャスYouTubeAmazonNetflix

どれも使わないで生きている人は居ない。

 

僕らは今、スマートフォンに、インターネットに

依存する生活を送っている。

 

 

ほら、世界が…正確に言えば、GAFA

(Google,Apple.Facebook,Amazon)アメリカが

日本を飲み込んでいる。

 

もう日本国内で、意見を言わなくてもなぁなぁで

済む時代、社会じゃなくなった。

 

意見を、考えを、武器をもつ外国の人々が競争、

取引相手、仲間になった。

 

だからこそ、自分の考えを言えないと、

自分はそこに、いないも同然なんだ。

 

まぁ自分の考えを形にするのは大変だけどね。

 

 

じゃ意見って何よ?

「何となくそう思った」は、意見じゃなくて、印象。

「なんでそう思ったの」を掘り下げて、

根拠に、事実にたどり着かなくてはならない。

 

これがいわゆる、深掘りなのだけれど、

まぁ苦しい。慣れていないからね。

 

就活するまでの人生の大半を占める義務教育では、

正解に辿り着くことが求められたし、正解すること

=テストで100点。それが誉められた。

 

一種の洗脳教育だね。だって、それが「当たり前」

とやらになるんだから。

 

 

だから、教科書にある答えを暗記することばかりに集中する。ご褒美として、いい点数をもらえるから。

間違えて恥をかきたくないから。自分の考えじゃなくて、みんなが正しいと思うことを言うだけ。

 

そこに自分の心、考え、意見はない。

 

AIや機械に仕事が代替される!

なんて言われているけれど、すでに僕たち、義務教育を受けた人たちはみんな、同じ意見を、正解を言う機械になっている。

 

もしも、勇気を振り絞って、「それは違う」と、

クラスで自分の意見を言うと、「なにそれ」と

叩かれたり、「うわ、何か言ってる」と

揚げ足とられたり、「みんなが、みんなが」

同調圧力に屈して何もできなかったり。

「余計なこと言いやがって」

邪魔なやつだとレッテルを貼られたり。

 

 

もちろん、数学や理科など、正解が一つしかないものならば、この、正解を答え、覚えさせる義務教育は

大いに正しい。

数字や科学にとって、真実はいつもひとつだからね。

 

 

 

しかし、国語や道徳の授業ではどうだ?

 

 

なぜ作者の考えを答えなくてはならないのだ?

なぜいじめは悪いことだと、いちいち書かせなくてはならないのだ?

 

自分の価値観や考えは学校で教えられるものではなく、自分で学ぶものではないのか?

 

教えられた価値観を、何も考えず、感じず、

感じても、「先生や教科書がそう言っているし」と、

思ったことをゴミ箱に捨てて、

無理矢理自分の価値観にしていないか?

 

 

意見を考えることを、発信することを

義務教育で放棄されている。無意識の洗脳。

 

教科書が全て。教科書信仰である。

義務教育教の聖書は言う。

 

「我々の教える正解こそ、正しい。日本国民は

我々の与える正解の支配下での言論の自由を認める。」

 

 

だからこそ、正解を言う=内定もらえるという思考回路になる。

なんて素晴らしいのでしょう。これこそ、

義務教育の賜物。日本国の教育はすげぇや。

 

おかげで大して意味もない就活本が売れる売れる。

みーんなほぼ同んなじことが、量産されて書かれているだけなのに。

 

「よっしゃ!正解を暗記したで!これで内定や!」

 

まぁそれで落ちるんですけどね。

たしかに基礎を固める、そういう意味では

就活本の自己PR丸暗記はいいと思う。

 

でもそれって、あなたの意見、PRではないですよね?

 

参考書は答えじゃなくて、自分なりの意見を言うための道具。

 

道具を使って自分の武器=意見にしなくちゃ。

みんな同じ装備(就活参考書)じゃ勝てないよ。

 

義務教育やセンター試験と違って、丸暗記したことを

答えても内定はでない。

 

だからこそ、初対面の、社会人に。

自分のことを何も知らない社会人に、

「自分とは何者か、何が出来て、何をしてきたか、どんな未来を描いているか」

整理して分かりやすく、懇切丁寧に伝えるのが就活。

 

君のことは参考書には書いていないんだよ。

 

参考書は神じゃない。道具だ。

君なりの意見を作るための、道具だ。

参考書をそのまま使ってもペラペラだ。

 

ペラペラに書いてあることをただ暗記するのではなく「なぜこう書いてあるのだろう」

「自分に当てはめるとどう言い直せるか」

「言い直したときの根拠はなんだろう」

 

考え=意見+根拠。

 

義務教育が始まったのは昭和。

勝手に経済が成長した昭和において、この教育方法は、ものすごく良かった。誰も意見を言う必要もなかったし、ただ与えられたことをこなす、正解をすることが正義だった。

 

でも僕たちが生きるのは平成なんだ。

その平成も終わる。

 

インターネットのない頃の、

義務教育洗脳から解放されるための就活。

 

インターネットによって、世界はものすごく近くなった。今、すでに僕たちの競争相手は、日本国内ではなくて、世界相手なんだ。

 

意見を言えないものはいないも同然という、

修羅の世界に僕らは生きている。

 

望まないのに世界大会に出ている僕ら。

自分の意見と言う武器を身に付けないと、死ぬよ。

 

少なくとも、未だに正解を答えさせる企業はなくなるから、早めに自分の武器を持って使えるようになろうね。

 

慣れないことだけど、頑張って。

台風12号が来ているときの過ごし方

メジャーリーガー投手のカーブでもここまで曲がらないよ、たぶん。エグいってレベルじゃないぞ。
f:id:yo-ichi41:20180728191514j:image

 

 

ということで台風が来ているときの、

一人暮らし大学生の過ごし方。

 

1 台所掃除 意外と気にしないが、台所には水垢がたっぷりついている。大きめのウェットティッシュで軽く磨けば、ピッカピカ。

 

2 洗面台掃除 歯磨き、髭反り、ワックス。

目立たなくとも埃は貯まっているもの。

いつもの配置から変更してみると気分転換に。

あとは鏡。こちらも大きめのウェットティッシュで拭いてあげると、よりきれいに。

 

3 部屋掃除 いい機会だから机、ベット、本棚もどかして掃除機をかけて、雑巾がけ。隅っこは想像以上に埃まみれ。いつこんなに…驚愕の毛の量。気づかない内に抜けているのか。一人暮らしあるある。

 

4 読書 さっぱりした気分で読書に励む。

レポートのネタ探し+単純に興味があって。

読んだのは「なれる!SE

システムエンジニアによる夏海公司さんの作品。

まだ社会に出ていないが、SEの実態を知ってみようと思い、半年前くらいに買った本。掃除ついでに本棚整理して発掘したので読了。

 

個人的に響いたセリフTOP3

 

・わからないところは調べながらやる。エンジニアの基本よ。

・一事が万事。今日逃げた人間は明日も逃げると思われる。

・どんな状況でもベストを尽くす。それが技術者の役割。クライアントがどんな人間でも扱うプロコトルやパケットは、変わらない

 

こんなプロ意識のある社会人になって仕事したい、そう思った。

 

今夜が台風の山場。本日もお仕事お疲れ様です。

みなさんのお陰で世界は回っています。

僕にはまだ、世界を回す力も資格もないので、

部屋掃除して、本読んで、飯食べ、ブログ書きます。

就活の話9

酷暑が続きます。

 

スーツはいち早く廃止すべきだと思う。

 

異論は認める。

 

けれどスーツ着たくないでしょう?

 

それなのに「就活生、ビジネスマンはスーツ」

 

その固定概念があるらしい。

 

「俺が新入りの頃は夜遅くまで働くのが常識だった」「俺たちが若い頃は会社に寝泊まりして居たものだ」「俺たちが子どもの頃は学校にエアコンなんてなかった、お前らは贅沢だ」

「俺が話しているときに水を飲むな、無礼だろ」

 

等と言って過去の思い出、経験とやらに縛られて

 

現実を見ていないと 

 

 

死ぬぞ

 

 

 

就活の話8

福祉介護の、企業にいってきたでござる。

本日も元気に就活です。本日は社員面談を行いにいきました。

いままでの企業…ITやごりごりの営業と比べ、社員の方の人当たりがすごくいい。物腰柔らかい、人のよさがにじみ出ていました。

人を相手にするビジネスですし、お金がメインに絡んでこないからこそ、純粋に人のよさが、試される職場なのかな、と思います。

 

多くのみなさんは、福祉介護というと、給料安い、仕事はきつい、綺麗事だけではないと思うと思います。

 

僕もそう思います。ただ、今日面談を行った限りでは、どんなお仕事でも、心の持ちようだと、

人に優しくしたり、気遣いするのが好きで、本人の何気ない優しさに感謝される人にとって、とてもいい職場であるというお話でした。

 

次が最終なんですよね。ここいきたいな。

 

明治 TheChocolate 4つの味わいセレクション レビュー

こんにちは、よーいちです。

 

皆さん、明治のTHE Chocolateというおっしゃれぇな

食べ物をご存じですか?

4種類味があるのですが、如何せんお値段のお高い商品、食べ比べたら財布の中身が…!

 

あっ!食べ比べできる商品があるじゃないか!


f:id:yo-ichi41:20180708175437j:image

 

ということで

本日は明治THE Chocolate 4つの味わいセレクションを

食べたレビューを書きます!

 

中身は4種類チョコが入っています、それぞれ

ミルク、フルーツ、超ミルク、ビターです。

 

うーん、おしゃれ。

まずは一袋後ごと、開封していきます。

このときに、いかにすーはーすーはーできるかが

ポイント。香りも味わなくてはならないのです。

 

スーハースーハースーハースーハースーハースーハー

 

 

…ふぅ。

 

 

さて、香りを楽しんだあとは、味わうだけです。

1袋一口サイズ。ちょうどいい食べきりサイズ。

 

f:id:yo-ichi41:20180708175455j:image


実食。

 

ビター。ずっしりとした香り。苦味が強く、口の中に残るざらつきが特徴。カカオ70%は、超濃厚ブラックチョコ。苦い。

 

フルーツ。香りはまぁフルーツ、なのだが、うまく文字に書き表せない…たしかに、果実感はあるが、明確に、これ!という果実を表現できない。酸に近い…?味はビターに近い。舌触りも少しざらつくだけ。5秒程度で溶けていく。

 

ミルク。食べやすいチョコNo1だと思う。ただ、華やか、といつ表現はあまりわからないのであります。

カカオ51%だから溶けやすい。

 

濃厚ミルク。香りも味わいもあんまぁぁぁぁぁい。

いかにも、ザッ、チョコレート。ミルクチョコの味わい、本当に美味しい。個人的MVP。

 

結論。MVPは赤いチョコ。

 

 

追記

100均の安いチョコ食べるとその違いに驚きました。100均の方は、食べ終えたあと、口の中に仄かに残る残り香が、爽やかではないんです、加工物が入ってるな、そんな感じがします。明治THEChocolateはすごいやぁ

就活の話7

なぜ受からないのか。仮説立てしてみた。

 

・質問への回答がちゃんとしているか?

・身だしなみはしっかりしているか?

・履歴書の内容は分かりやすいか?

・履歴書の文字は汚くないか?

・内定のための就活になっていないか

・事前に準備しきれたと言えるか?

 

自分へのQAとして書いた、また振り返ろう

就活の話6

就活をしていて、数多くの企業にお祈りされてきた。それでも経験値は積んでいる。それは毎回、前回のしくじった点を必ず改善しているからである。例えば、

声を意識して大きく出す、グループディスカッションではとにかく発言する(考えがまとまっていないからと黙ってしまうのが悪い癖だ)、分かりやすく伝えるためにあらかじめ伝えたいワードを決めておくなど。

 

面接というものは、自分で思っている以上にできていないもの。声にしても、表情にしても、姿勢にしても。

それを実感できたのは、自分自身の面接の風景をスマホのカメラで録画してみたからである。

 

感覚としてはスラムダンクの主人公、桜木花道が初めて自らのシュートフォームを撮影してもらって、見た感覚に近い。分からないかた、申し訳ない。スラムダンク21,22巻をご覧いただきたい。完全版なら17巻。

 

 

話を戻す。様は伝えたいのは、「自分の姿というのは自分で自覚できていないところがある」ということである。

そりゃ自分の姿を撮影録画することは、最初は恥ずかしい。めちゃくちゃ恥ずかしい。なんだこの声は、なんだその表情は。そう思う。でも就活において後悔したくない。なら録画するくらい、なんてことはない。吹けば飛ぶようなプライドなんて早く捨てて録画すべし。

 

それに7月になってまだ内定無いんだ、なりふりかまっていられませんぜ。

 

 

次いでに記しておくと、自己表現をすることは、就活に限らず、今後の人生においても重要なスキルになると信じている。社会人として、仕事においても、仕事の外においても問われるのは、「お前は何者だ」ということ。学生や子どものときは養われたり、身分が下に見られているから、甘やかされていたと思う。しかし社会人となれば話は異なる。新卒もベテランも関係ない。社会人、という大きな括りでまとめられる。

 

皆モブになる。だからこそ大事なのは、「我こそは」

と名乗りをあげられる実績と行動、自己表現。

 

就活において、何十社と落とされているのは、まだ自己表現や、準備の練習不足だと、お天道様が仰っている、そう信じ今日も面接に向かうのであった。